平成30年度事業の紹介

 事業推進の基本的考え方 
  平成26年1月、旧全国コンクリート製品協会東北支部は、法人格を取得し、一般社団法人東北コンクリート製品協会と名称を変更しました。コンクリート製品製造に関する共通の課題に取り組むため、東北地区のプレキャストコンクリート製品団体連携の受け皿としての活動を展開致します。
そして、社会基盤整備に必要不可欠なプレキャストコンクリート製品の設計、製造、施工に関する技術・安全水準の向上を目指し、その調査研究と広報活動を通じ、東日本大震災から7年が経過した東北の本格復興・創生に貢献してまいります。
 
    
 平成30年度定時総会 
  平成30年5月22日(火) 仙台市 仙台ガーデンパレスにて開催
総会には、本会会員30社60名(ほかに委任状出席6社)が出席され、前田会長のあいさつに続き、新規入会社員 正会員の會澤高圧コンクリート社、カイエー共和コンクリート社がが紹介されました。続いて、平成29年度事業および決算について、原案通り可決承認されました。総会終了後、部会活動報告も行われました。
総会懇親会では、東北地方整備局 企画部 渡邉部長、東北経済産業局 地域経済部 高坂製造産業課長からご祝辞をいただきました。
そのほか、技術委員会、広報委員会を開催。
 
    
 東北6県JIS工場管理者講習会 
  平成30年6月7日(木)多賀城市民会館小ホールにて開催
1.「平成29年度JIS立入検査結果等について」
  東北経済産業局 地域経済部 産業技術課 課長補佐 佐藤 勝俊氏
2.「分野別認証指針の改正と最近の課題」
  (一財)建材試験センター 製品認証本部 本部長 丸山慶一郎氏
3.「コンクリート構造物の品質・耐久性確保の取組み」
  日本大学 工学研修所 教授 佐藤 和徳氏
 

    
  EE東北’18 
  平成30年6月6日、7日 夢メッセみやぎにて開催
 キャッチコピー 「広げよう新技術 つなげよう未来へ」
 出展協会会員社
   (株)技研、昭和コンクリート工業(株)、東栄コンクリート工業(株)、
   中川ヒューム管工業(株)、(株)坂内セメント工業所
   前田製管(株)、丸栄コンクリート工業(株)、(株)丸万コンクリート
   希久多工業(株)、横江コンクリート(株) 
 
    
 東北コン会報誌の発行(No  9) 平成30年9月15日 発行 
  特別連続寄稿 岩手大学名誉教授 藤居宏一
特集 建設資材対策東北地方連絡会開催報告、EE東北開催・出展報告
協会だより 平成30年度定時総会開催報告
各委員会活動報告、会員紹介
 
    
 視察研修会 
  平成30年10月30日(火)仙台河川国道事務所よりご紹介いただいた一般国道108号古川東バイパス工事を見学しました。
仮設鋼矢板、土留め支保工による大型水路仮切り廻し状況、並びに函渠設置部の地盤改良(深層改良)状況を見学させていただきました。
 
    
 平成30年度 省庁合同所管事業説明会 
  平成30年11月12日(月)ハーネル仙台において東北経済産業局の後援をいただき、説明会を実施。最初に、高坂製造産業課長から「東北地域の活性化に向けて」と題した講演をいただきました。続いて「i-Constructionの取組みについて」東北地整 片野課長補佐から、「東北農政局管内の復旧・復興の状況について」髙橋災害査定官からお話を伺いました。
後半は、東北大学の久田先生にコーディネーターをお願いして「若者や女性が活躍できる業界とするために」をテーマにパネルディスカッションを行いました。
 
    
   合同賀詞交歓会 
  平成31年1月28日(月) 仙台 勝山館にて開催。
今回も、一般社団法人コンクリートポール・パイル協会東北地区並びに全国ヒューム管協会東北支部と共催により合同賀詞交歓会として実施。
1.賀  詞 東北コンクリート製品協会 会長    前田直之
2.来賓祝辞 東北経済産業局地域経済部地域経済課長 藤本 隆
       東北地方整備局企画部技術管理課長   亀井督悦
3.乾  杯 岩手大学 名誉教授          藤居宏一
4.手  締  め 宮城大学 教授            北辻政文
 
    
   東北コン会報誌の発行(No 10) 平成31年3月15日発行予定 
   新年度所感 東北経済産業局長、東北地方整備局長、東北農政局長
 特別連続寄稿 岩手大学名誉教授 藤居宏一
 特集 平成30年度 省庁合同所管事業説明会
 協会だより 平成31年賀詞交歓会開催報告
 各委員会活動報告、会員紹介